お餅の保存

市販のパック餅じゃなくて、パックされていない剥き出しの餅。
ご家庭で餅つきして作ったお餅の保存です。
2019.01.20 下の方に追記しました。




杵と臼があるご家庭は非常に少なくなった事でしょう。
しかし幼稚園などで餅つき大会をやってたりしますな。

当方の親戚宅ではいまだに餅つきもしている様です。
それを昨年末に分けて頂きました。
いつもありがとうございます。
e0298562_06120395.jpg
当然ながら密封パックされておりません。
こんな感じに大きさも不揃いです。

これを保存するんですが、
ポリ袋に小分けにして冷蔵or冷凍するのが普通かと思います。
個別にラップに包んでもOKでしょう。

しかし、
半月後にはカビが生え始めちゃうんですな。
空気を抜く様にして注意しているんですが、
この方法では毎年毎年おなじ様にカビてしまいます。

という訳で今回は、
常温保存してもカビない方法です。











【用具】
簡単ですな。アルコール殺菌ですな。
カビを完全に抹殺すればカビません。
餅を食べる時には焼くか煮るかするので、アルコールは飛んじゃうでしょう。
つまり餅にアルコールを掛けても無問題という訳ですよ。

除菌70%エタノール。
by業スー。激安。
ただし、食品添加物グレードの奴じゃないといけません。
e0298562_06193924.jpg
食べても問題が無い事を保証しているのが食品添加物グレードです。
(医薬品用のアルコールはNGです。)
e0298562_06194753.jpg
更に、手で餅を触ってはいけません。
菜箸もなぁ〜、箸の傷の奥に菌が居るかも?
イマイチ危険。

てな訳で、
新品未使用のポリエチレン手袋を使うのが最適です。
手袋の代用としては、ポリ袋に手を突っ込む。(爆)ちょっと掴みにくいけど。
e0298562_06195087.jpg
薄手のゴム手袋はゴム臭いので禁止。(爆)











【やってみんべ】
準備ですが、作業用のまな板の表面にラップを巻いておきます。
保管用のポリ袋を用意しておきます。

次は手袋の消毒。
手袋をはめまして、表面にアルコールスプレーを掛けて消毒しました。

そして、
まな板の上に餅を並べまして、アルコールスプレーしました。
ビチョビチョになる位に掛かっています。
e0298562_06255267.jpg
餅を裏返しまして、
同様にアルコールスプレーでビチョビチョにしました。
e0298562_06255654.jpg
これを、ビチョビチョのまんまの状態でポリ袋に入れました。
当方は8個をひとまとめにして小分けにしました。
まだ口は閉じません。作業継続!

全部の餅をポリ袋に入れ終わったら、
自分の手袋を外しまして、
ポリ袋の口をセロテープで密封しました。
e0298562_06255934.jpg


下図の様に3パックできました。
e0298562_06260433.jpg
どうしてビチョビチョのまんま袋詰めしたのか?
あのね、
餅の表面だけ殺菌したんじゃ効果は薄いんですよ。

数日後に餅の中からカビ菌がニョキニョキ出てきてもまだアルコールがある!
という状態をわざと作っているんですよ。
殺菌効果がずーっと継続するんですな。

だから冷蔵庫じゃなくても、常温でも十分に保存可能です。
このまま放置するだけです。












【効果を確認】
比較用として、何もしていない餅を1個、丁寧にラップに包んで用意しました。
これを室内の冷暗所(戸棚とか)に放置しまして、
このまま様子を見てみようと思います。
e0298562_06422236.jpg
上図が16日前です。昨年末の写真ですな。

それから16日くらい経過して本日1月10日となりました。
下図です。
e0298562_07300697.jpg
アルコールを掛けなかった右の餅はカビ始めています。
カビビビ〜〜ン!
e0298562_07301043.jpg
16日も経過すれば普通はこうなりますな。
一般的な餅のカビです。
さっきラップを外しまして、ちょっと炙ってから胃袋へ入れ直しました。(爆)

アルコール処理した方は見た目では全くカビておりません。
袋の内側にはアルコールの雫もまだ観察できます。
e0298562_07301525.jpg
いつまで保つかは知らん!(爆)








という感じでカビ対策が出来ました。
作戦成功!

だけどね、100%除菌される保証は無いですよ。
くれぐれも自己判断、自己責任にてお願い致します。
以上です。









2019.01.20 ここから追記。
さて餅の常温保管ですが、
16日くらい経過して記事にしたのが1月10日でした。
それから更に10日が経過しまして、本日1月20日。
袋詰めしてから26日後です。

下図の様に表面的には問題無い様に見えますが?
e0298562_09003588.jpg
上図の黄色でかこった箇所、餅と餅の合わせ目ですな。
その部分からカビはじめました。
e0298562_09004071.jpg
常温保管でしたが、まあこんな程度でしょう。

それでは袋を開いてみます。
まずは袋をカット。
e0298562_09004497.jpg
そして餅を展開。
真ん中から観音開きにしてみました。
e0298562_09004880.jpg
やはり合わせ目の箇所ですな。
アルコールの雫が入り込まなかった箇所でしょう。
まあしょうがない。

カビた箇所はまだ小さいので、カットすれば問題無いでしょう。

という事で、
その中から6個の餅を再度袋詰めしました。
e0298562_09005277.jpg
カビた2個の餅ですが、カビの箇所を削ってから磯辺餅にしてみます。
袋に詰め直した6個はさらに常温で経過観察してみようと思います。
2019.01.20 ここまで追記。



















ちなみに本日は1月10日なので、明日の11日は鏡開きですな。
ところで当方宅の鏡餅は毎年カビません。

なんでかな?
窓の結露など一度も経験ありませんし、
家の中がカラッカラだしな?

おそらくは地域的な特徴として、赤城おろしで空気が乾いているんでしょう。
家の中に居ても始終スースーしてる様な気がしますが?(爆)
北関東のボロ家ならではの隙間風ですな。
さっ・・・さみぃ。。。。。イェスタディ マライ ワ フィュー ウィ レイン ♪(爆)

家の中の数カ所に飾ってありますが、
下図はそのうちの一番小さいやつ。オーディオルーム北側の一番高い場所。
e0298562_07301947.jpg
明日はこれらを割って、揚げ餅でも作ってみんべ。





by ca3080 | 2019-01-10 12:38 | 節約レシピ
<< 安物イヤホン🍩... 録音媒体の吉凶を占う >>