さんま蒲焼缶をナニしてみんべ

あと何日かで土用の丑の日ですな。





夏なのに
寒いと言われる
オヤジギャグ
・・・








えー、
さてー、
サンマの蒲焼缶は固目でモソモソしています。
しかしウナギは柔らかさだけじゃなくネットリ感があります。
独特のゼラチン質ですな。

そこを何とか真似すればサンマの蒲焼缶でもウナギに近づくんじゃねーの?
と思いまして、
ちょっと追求してみました。(爆)










【作業用の容器】
レンチンしまして、型から外す作業があります。
陶器の皿にラップを敷いて実行してみましたらラップに穴が開き失敗しました。

耐熱シリコン皿などがあれば良いとは思います。
↓こんなやつ
https://www.amazon.co.jp/dp/B003XPICRM/

当方はいつもの様に、豆腐パックを利用してみました。(爆)
e0298562_16441705.jpg









【こさえんべ】
偽のゼラチン質を作る作業がメインとなります。

片栗粉を小さじ1杯の中盛り。
e0298562_16443697.jpg
粉寒天を小さじすりきり1杯。
e0298562_16444089.jpg
分量は質感の差に大きく影響します。
要注意ですな。



溶けにくく、ダマになりやすいので、あらかじめ粉をよく混ぜました。
e0298562_16444441.jpg
鯖の水煮缶を用意します。
e0298562_16444829.jpg
汁だけ利用します。
鯖缶の汁を大さじ7杯入れました。
e0298562_16445106.jpg
6杯しか無い場合は水を1杯足して7杯にすればOKと思います。

粉と汁をよく混ぜ合わせました。
e0298562_16445502.jpg










【レンチンで加熱】
これをレンチン600Wで30秒くらいです。
e0298562_16445817.jpg
片栗粉のトロミが出てきました。
ダマがあるので、底をこそげる様にして、よ〜く混ぜました。
e0298562_16480919.jpg

この段階では寒天が溶け切っていないと思います。
加熱時間が30秒では足りません。
30秒で一旦止めたのはダマになるからです。よく混ぜるためですな。

よってもう一度、レンチン600Wで1分くらい。
e0298562_16481335.jpg
デロンデロンになりました。(爆)
e0298562_16481881.jpg










【サンマと合体!】
ここでサンマ蒲焼缶を用意します。
e0298562_16495966.jpg

デロデロの上にサンマ蒲焼きを並べてみました。
e0298562_16500496.jpg
次の工程ですが、
サンマがモソモソした固い感じなのでサンマをマッサージします。(爆)

下図の感じに鰻の模様風に、
小さじの横の所でサンマを押して潰していきます。
押し切っちゃうとバラバラになるので程々に。
e0298562_16500819.jpg
いつもなら形良く出来るんですが、
今回はサンマが崩れてぐちょぐちょだよ〜〜〜。ゴメン。(爆)
e0298562_16501251.jpg
まあ味は変わらないのでテキトーでOKと思います。









【冷却工程】
上にラップをかぶせて、冷蔵庫に入れて完全に固まるのを待ちました。
e0298562_16501690.jpg
20分くらいでほぼ固まる様ですが、30分放置しました。









【盛り付けと仕上げ】
あとは盛り付けですな。
冷蔵庫から取り出しました。
e0298562_16502070.jpg
そのままひっくり返してラップの上に出しました。
底を叩けばパコッと落ちます。使命を果たした豆腐パックは使い捨て。
e0298562_16502383.jpg
こんな見た目です。(爆)
下図は裏側です。ラップに接する側を上にしてご飯に乗せます。
e0298562_16502710.jpg

熱々ご飯を盛りました。
e0298562_16503047.jpg
サンマ蒲焼缶の汁を掛けました。
e0298562_16503419.jpg

その上にえいやっと具をひっくり返して乗せました。
e0298562_16544991.jpg

そして、もしも可能ならですが、表面を焼けば香ばしさを出す事ができます。
バーナーで炙って焼き目をつけます。
e0298562_16545496.jpg
バーナーが無ければこのままでOK。
e0298562_16545718.jpg

焼けました。
e0298562_16550185.jpg
タレを掛けますが、
下図の様にスーパーでよく確認して、ウナギエキス入りの物を使います。
e0298562_16550725.jpg


ウナギ蒲焼のタレを掛けまして、
山椒を振って完成です。
e0298562_16551251.jpg











【食ってみんべ】
んー見た目ですが、サンマの蒲焼缶を乗せただけとは全然違う感じです。
e0298562_16551583.jpg
味の方もゼラチン質の感じがよく再現できていると思いました。
しかしサンマの固さは残っています。

ご飯と一緒に食べると食感の再現性がけっこう高いと感じました。
ネットリ感と後味はかなりウナギ丼に近いと思いました。
e0298562_16551866.jpg
んーけっこううまく出来た感じがします。






サバ水煮缶でやった方が形もよく柔らかく出来ますが、
しかしタレの味は薄めになります。





2018.08.02 以下追記。
いや〜やはり形良く作るにしても、味が薄いんじゃねぇ〜、ちょっと駄目ですな。
サバ水煮缶じゃなくて、やはりサンマ蒲焼缶でやった方が良いでしょう。

リベンジ!
(少し作業が面倒です。)

まずサンマですが、まな板の上にラップを敷いて、その上に並べまして、
包丁で細かく切れ目を入れました。
竹ヒゴをガイドにして切断しない様にしました。
e0298562_12244295.jpg



次にデロンデロンを作りますが小鉢で作りました。
e0298562_12244775.jpg

デロンデロンとサンマを合体させますが、
深皿の上にラップを敷いて、その上にデロンデロンを流し入れまして、
さらにその上にサンマを並べました。

サンマは崩れる寸前なので包丁の側面に乗せて移動させました。
e0298562_12245013.jpg


乗せたらスプーン等で上からサンマを押してデロデロに馴染ませまして、
更に形良く形成しました。
これを冷蔵庫で冷却しました。


固まったので、ホカホカご飯の上に乗せました。
サンマ缶の汁も忘れずに。
e0298562_12245308.jpg

そしてバーナーで炙り、タレと山椒を掛けました。
出来上がり〜。
e0298562_12245691.jpg
見た目はまあまあ良くなりました。

手間が増えただけで味は同じです。
ウナギ蒲焼モドキ。

e0298562_12250000.jpg
まあまあですな。
2018.08.02 ここまで追記。







以上です。
自己責任にてお願いします。






















ところで、



本当にウナギの味になったんか?




















ん〜〜?


真子ちゃんに聞いてみよ。




















e0298562_17133560.jpg
容赦ねぇご意見でした。(爆)




[PR]
by ca3080 | 2018-07-17 17:14 | 節約レシピ
<< 平尾昌晃さん没後一年① 7インチ盤の収納と整理 >>