7インチ盤の収納と整理

今回の内容は当方の近況をメモした日記です。
よってつまんない内容と思います。




有り難い事にここ数ヶ月の間、お陰さんでアナログ盤を整理する時間が取れまして、
やっとの事で7インチ盤(EP盤、コンパクト盤)を整頓する事ができました。
サラリーマン時代なら出来なかったかも知れません。









今まではダンボール箱に入れていましたが盤が可哀想ですな。
しかもこんな状態で、自分自身が全部を把握できておりませんでした。
ダンボールいや〜ん!(爆)
e0298562_18213964.jpg
20世紀のオーディオ再生はダメ音質でアナログ盤の良さが全然判りませんでした。
当時の一般的な評価としても流行遅れのダサ〜い無価値なビニール盤だったんですよ。
しかし当方の個人的な技が進歩した事で"超"高音質の再生が可能になりまして、
思い出深い懐かしい音源など自分にとっての宝物になった訳です。

そうじゃなくても、もしかして貴重なレア盤があったりして高価かも知れません。
ダンボール箱じゃ勿体無いと思いました。
よって全ての盤をクリーニングして袋も入れ替えて棚に収納してみました。

だけどLP盤はまだ未完なのよね。(爆)










【インデックス】
さて歌手別に収納する訳ですが、
判り易く分類するにはインデックス(見出し)が必要と思います。
インデックスの材質ですがケバ立たず繊維の粉が出難いケント紙を使ってみました。
e0298562_18222537.jpg
*7インチ盤の横幅に合う寸法はB5の用紙と思いました。
*B5の縦寸法は長すぎるので切断して使用しました。
 そしたら短冊状の余りが大量に出る訳ですな。
*B5の用紙一袋が100枚ですが、黄色い袋に半分ほど余っていますな。
 そしてカットした端材の短冊状の紙ですが、300枚分くらいある様な?(爆)
 つまり250アーティストくらいあった訳ですよ。(爆)
 内訳ですが、歌謡曲の歌手が250歌手くらいでした。
 手持ちの洋楽は1割未満くらいなので洋楽は大雑把なジャンル分けにしました。
*この余った短冊を針圧計に使ったんでした。→針圧計
 捨てずに使いまくりたいと思います。


この紙を更にインデックス形状にカットして使いました。
e0298562_18231523.jpg
*黄色いテープの上に歌手名を書いているのは書き間違いするからです。
 老眼で手元が見えないですし、漢字も忘れちゃってたり手が震えたり。(爆)
 間違えても貼り直し出来る黄色いテープは必須!(爆)

7インチ盤に対して良さげな寸法に出来ました。
e0298562_18244920.jpg










【少量の収納箱】
20枚程度ならこんな箱が使えるかも知れません。
e0298562_18253375.jpg
カットする箇所を間違えると使えませんが、(爆)
うまく利用できました。

しかし下図の取っ手の部分がちょっと不安要素ですな。
e0298562_18272553.jpg

ここには厚紙を当てました。
e0298562_18275558.jpg

そこに単純に入れるだけですな。
しかし箱が曲がって太鼓腹になってますな。(爆)
e0298562_18282591.jpg
盤が反ってもセレナー・・・知らねーで?(爆)









【特殊な箱】
まあEP盤専用の収納箱も販売されている様ですが、
下図の特殊な箱も使用できております。
かなり高価な箱でして、何と9千円くらいします。(爆)
しかし、オマケに素麺が80束入っているのでお得感もあります。(爆)
e0298562_18284464.jpg
ん〜横寸法の外寸217mmくらい?

内側の寸法は200mmを確保。203mmくらいでしょうか?
e0298562_18293161.jpg

この寸法ですが、
揖保◯糸とか三◯素麺の箱は若干小さいかも?
寸法は要確認ですな。

うまく入らなくてもセレn・・・知らねーで!(爆)
e0298562_18293549.jpg


そして、長さ方向ですが外寸は385mm程度ですな。
これは棚に入るかどうか判断するための寸法になります。
e0298562_18294059.jpg










【この物差しは何なの?】
ところで、特殊なメジャーを使っていますがお判りでしょうか?
e0298562_18303417.jpg
これがあれば大きさの吉凶がオカルト的に判断できるんですよ。(爆)
今回は建築物ではなく「死体を入れる棺」と同等の意味合いがある収納箱なので、
上から3番目の丁蘭尺で見ます。

すると外寸217mmは「横財」で吉ですな。内寸203mmも「進宝」で吉。
箱の高さは凶ですが盤を入れた状態にすれば吉になります。
長手方向385mmも「財徳」で吉。完璧な寸法です。
これによって周囲の空間から"気"エネルギーを集めて盤を高音質化できます。(爆)

金属貼り加工してオルゴンボックスにしてはいけません。
作用がヤバげなのでそのまま使ったほうが良いと思います。(爆)

・・・
もちろん全部の話は嘘に決まってんべがなフヒヒ。(爆)










【適合する棚に入れる】
まあ本棚ですな。寸法に余裕が無いと素麺箱の出し入れも難儀します。
棚板の高さも調整できないと厳しいと思います。
いや〜何とか合う物がありまして、こんな感じに収納できました。
e0298562_18294466.jpg

ん〜〜収まったはいいですが、威圧感!
本棚1個分が上から下までこんな見た目になりました。
どう見ても倉庫。納戸。
くつろぐ部屋には不向きです。(爆)

そして昨今は地震が頻繁に生じている様です。
皆さんも是非ともつっかえ棒を取り付けてください!
e0298562_18295253.jpg
素麺箱がスライドして落ちてきたら元も子もありませんが。(爆)
まあ重量があるので、滅多な事では素麺箱のスライド落下は無いでしょう。
だけど家が傾いちったら全部が滑り落ちんじゃねーんかい?(爆)
床と天井が抜ける可能性もあります。(爆)

ん〜、
素麺箱が1個分足んなかったです。(爆)








貴重な文化財はクリーニングして大切に保管したいですな。
そして皆様も防災を!

以上です。
自己責任にてお願いします。















[PR]
by ca3080 | 2018-07-10 19:13 | 修理等 節約生活
<< さんま蒲焼缶をナニしてみんべ Rotary-SW-ATTのカ... >>