針圧計(笑)

高価な針圧計を買って使うんじゃなくて、
ビンボーならではの工夫で乗り切ってみんべ。(爆)





お金を使うんじゃなくて、頭を使うという事ですな。(爆)
いやしかし、
過去には天秤を作ってみっか?と思った事もありましたが、
そういう真面目で面倒な方向は選択しておりません。(爆)

代わりに、
手持ちの秤にイージーな工夫を追加して何とかなっています。
それを公開してみます。









【厚紙で工作】
厚紙ですが、ケント紙を使っています。
紙の繊維がほぐれてホコリになったりしない厚紙ですな。
それを下図の様に切りまして、黄色い万能テープで(爆)固定しました。
e0298562_07071447.jpg
この折り目の段差寸法ですが寸法不明です。(爆)
現物あわせで決めました。


裏側も下図の様に補強しました。
e0298562_07072065.jpg


そして右端にテープをちょっと準備して完了です。(爆)
e0298562_07072358.jpg
めちゃんこ簡単で御座んすよ。












【秤にセットする】
それをですな、
キッチン計りに取り付けました。(爆)
e0298562_07114049.jpg
ちなみに体重計は最小100g単位なので使えません。(爆)

厚紙を加工する前に設置場所を確認した方が良いですな。
そして厚紙の左側ですが、ターンテーブルシートに接触しない微妙な高さです。










較正、キャリブレーション】
基準の重りを用意しまして、正しく計測できるか確認します。較正ですな。
そんな基準の重りとか理科実験用具じゃない? どこで入手すんの?
いやまあ、
今回は一円玉で代用しました。

一円玉=1g
日本銀行のwebページでは1.0gと小数点以下1桁しか載ってない様です。
https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/valid/issue.htm/#p10

もうちょっと正確に? 一円玉の重さは1.00gの様です。
出典は下図。これは「日本貨幣カタログ」から引用しました。
e0298562_07114615.jpg

その一円玉が1.0gと計測できれば針圧計は正しく動作している事になります。

という訳で下図の様に測定してみました。
e0298562_07212156.jpg
合ってますな。

2枚乗せたらどうでしょう?
厚紙がたわんでいますがターンテーブルからは浮いています。
e0298562_07212558.jpg
完璧ですな。
これで針圧計の較正も完了。
保証済みなので信頼性抜群!(爆)












【針圧計を使う】
まあ簡単に、アームのウェイトを調整しながら、
2.0gになる様に調整しました。
e0298562_07212963.jpg
2.0gと計測される状態になったら、
ウェイトの目盛りを「2」に合わせました。

あとはカートリッジに合わせてウェイトを回せばOK。
上図のカートリッジですが
ウェイトを「2」から「1.8」の位置へ回せば、ほぼ1.8gになるでしょう。
これにて完了です。








出来てしまえばどうって事の無い工作でした。
針圧計なんかあまり使いませんし。(爆)
こんなんでOKなんじゃねん? (at 上州弁)爆)







以上です。
自己責任にておねげーしますだよ。












[PR]
by ca3080 | 2018-05-28 07:38 | 修理等 節約生活
<< 梅酒を仕込む 2018年版 作曲家の東海林修さん逝く >>