里芋煮と松前漬

去年は筍の土佐煮を投稿しましたが、まあ正月の仕込みの話です。
超簡単で鍋もガスコンロも不使用ですが、宜しかったらご覧下さい。



【里芋煮(風)】
(風)ですから、煮ません。(爆)
正月向けに作るなら30日か大晦日あたりにした方が良いでしょう。
この投稿用に作っちゃった分は本日の酒のアテとなる予定です。

①まず芋を洗います。今回は200gくらいにしておきます。
これをポリ袋に入れて電子レンジで蒸かします。200gで3分程度と思います。
根菜モードがある電子レンジの場合は3タッチくらいで簡単ですな。
鍋で煮るのもバカらしくなるくらい早く出来ます。
e0298562_14173559.jpg

※追記です。芋の大きさについて書くのを忘れてました。小さめの奴が宜しいです。
 1個で200gもある様な大きい芋じゃ当然ながら中まで火が通りませんな。
 そういう場合は中まで火が通らなくても1回レンジで蒸かしてから皮をむきます。
 それを小さく切り分けて、もう1度電子レンジで蒸かせば何とかなるでしょう。

②蒸かし上がったら、一応は竹串などを刺して固さを見て下さい。
水道の水をちょっと流しながら皮をむけば火傷せず奇麗にむけます。
剥いた皮はポリ袋に入れて捨てれば無駄も無し。まあ誰でも知っている方法ですな。
このままちょっとづつ塩を付けながら食べるのも旨いですな。
e0298562_1418677.jpg

③塩で食べる以外にも、味付けをする事で煮っ転がし風になります。
お皿に鰹節と砂糖を小さじ1杯。これに醤油を回しかけます。
少しずつ様子を見て、入れすぎない様にして、混ぜます。
e0298562_14184451.jpg

④芋にまぶして完成です。
砂糖を入れないで作るも良し。市販品のおかかを使うのも良し、と言いますか、
市販品は味の素の味がするので当方は却下。
e0298562_14193830.jpg

温め直せば味も馴染みますよ。
e0298562_142095.jpg

1個無くなったのは味見で。ウホホ旨。(爆)
今晩はこいつで1杯と。



【松前漬】
これはもう、松前漬セットが売ってますから、それを買って、
袋の裏に書いてある通りに作るだけです。

①材料です。
よく見る松前漬は数の子が入ってますが、数の子も塩抜きがめんどくさい。
そこでホタテを使ってみます。刺身用はもったいないので小さい奴で。
貝紐も付いていると楽しめますな。貝のワタ等は適当に処理して下さい。
e0298562_14263632.jpg


②下処理です。
松前漬セットはハサミで半分に切ります。
人参は1本じゃなくて2/3位を使いました。適当にカットします。
ホタテは電子レンジで火を通します。貝の色が白くなればOKです。
(くれぐれも貝の食中毒などにはご注意願います。)
e0298562_1429875.jpg


③漬けダレは説明書き通りです。今回は容器を2つに分けてみました。
ホタテを温めた時に出た汁も入れます。
半日に1回くらいは清潔な箸で軽く混ぜます。
e0298562_14305875.jpg

e0298562_14311428.jpg


④1日経過後ですな。混ぜます。けっこう粘りも出てきました。
少ししんなりしてきました。
e0298562_14321095.jpg


⑤2日目でOKですな。昆布が完全に戻りました。
この味は完全に酒の肴です。ホタテにも味が染みてて旨し。
e0298562_1436742.jpg

29日くらいに仕込みをすれば正月にちょうど良い感じですな。

当方宅では早めに作ったので、冷凍しておきます。
大晦日に冷蔵室へ移動させれば自然解凍で正月に楽しめます。
2つ目のタッパーは3日あたりに出せば良さそうな感じですな。



以上の記事を参考にする場合は自己責任にてお願いします。


お陰様で当方も正月を迎えられそうです。
本年度はありがとうございました。
[PR]
by ca3080 | 2013-12-28 15:14 | 節約レシピ
<< iPod+mp3 は24bit... 蟹缶とあん肝缶 >>