DEPP-HPA⑦箱に入れた

DIYで最も体力を使うのが筐体加工で、その次は配線と手ハンダ実装かいな?





そして、更に次あたりに面倒なのが性能とかノイズの検討だんべな。(爆)


今回はそのいちばん億劫な筐体加工です。(爆)
ケースを選ぶのに頭を悩ませますな。
そして内部構造ですな。両者は複雑に絡み合っています。
まあ頭の体操という事で色々な構造に挑戦するのも良いと思います。



今回の構造は当方の頭の体操であり私的挑戦です。今回がベストじゃありません!
その辺はよく御認識願います。








【筐体と内部構造】
これにしました→秋月プラスチックケース 違ってたら御免。
e0298562_21535391.jpg


下図。
RCA入力端子を付けました。音質的には良くない部品です。妥協。
そしてDCジャックです。位置も微妙です。現物あわせ。(爆)
e0298562_21551359.jpg


出力側ですな。
イヤホンジャックです。
そして音量ボリュームの穴ですな。
e0298562_21563639.jpg


下図ですが、このケースは内部にリブが立っていまして、
出力トランスを固定するために、一部のリブをカット切削しました。
e0298562_21575723.jpg

そこに、
下図の様にしまして、
出力トランスのホルダーを基板でハンダ固定しまして、
うまい具合にケースの寸法に嵌め込みしてみました。(爆)
これで何とか固定できそうです。最終的にはボンドで固定します。
e0298562_22011193.jpg

次ですが、
音量ボリュームですな。ケースに穴あけしましたが、
その位置に合わせてアルミ板にうまく穴あけしまして、(爆)
可変抵抗を取り付けしました。
アルミ板の大きさはケースの内側リブに嵌合する寸法ですよ。現物合わせ。(爆)
e0298562_22035626.jpg
そこにDカットの樹脂製つまみを用意しました。
ちょっとね、今回だけの話ですが、
可変抵抗のノブがDカットなので、Dカットじゃなきゃいけません。
そして樹脂製のノブじゃ無いと加工ができません。

下図ですが、
その樹脂製ノブの頭をスライスしまして、
ノブを逆さに差し込みしました。(爆)
e0298562_22071649.jpg
ここで登場するのが延長シャフトです。
Dカットじゃない物を考えた方が入手は容易ですな。
φ6.0の延長シャフトやジョイント部品はパーツ屋をあたれば入手可能でしょう。
そういう部品を使えばDカットの必要はありません。
他には、
更に抜け防止の金具が必要です。これは普通のツマミを分解して取り出しました。
e0298562_22100520.jpg

そして、
シャフトをケースに差し込んで、
抜け防止の金具を取り付けまして・・・
e0298562_22145650.jpg



まあ下図の具合に、
こんな取り付け構造を考えた訳ですな。
ある意味アホですな。(爆)
e0298562_22165439.jpg
オマケですが、
DC15V電源入力から直にコモンモード・ノイズ対策のコイルを設けました。
スイッチングACアダプタはノイズが多い物が大多数ですからねぇ〜。













【基板とアースの確保】
出力トランスのホルダーにはハムノイズが乗るのでアースを取る必要があります。
まあアルミテープをベタ貼りして出力トランスに接触させまして、
真鍮板を板バネにして設置してみました。
e0298562_22212485.jpg

基板の方は真鍮バネにGNDが接触する構造と致します。
e0298562_22220943.jpg
中央寄りの個体電解コン180uF/16VはACアダプタのノイズフィルタです。
その後にオリジナル定電圧電源が入ります。あとは過去記事同等。
MOSFETは2N7002です。ムギ球も見えますな。

下図が半田面。
e0298562_22282851.jpg













【組み付けと放熱穴】
だいたい組み上がりまして、通電してみました。
問題は無さそうですが・・・
e0298562_22313627.jpg

しかし、内部がけっこう熱くなります。
燃え死ぬかも?(爆)

こんなんでもA級アンプですからね。(爆)
放熱穴が必要ですな。
e0298562_22321552.jpg
ぽか〜んと、穴が空いてますな。3個。間抜け風な。(爆)



んー、どーするん?
これでいーんじゃねん?

いやいやちっと、
網戸の切れ端が倉庫にあったでー?
e0298562_22352879.jpg

まーその建材用両面テープで一次固定しまして、
e0298562_22405489.jpg

尻コンボンドで最終固定しますた。
e0298562_22422821.jpg


この網戸ですが、
中から見ると黒いですが、
外から見ると銀色の網戸なんですよ。

そしてムギ球が光るとこんな感じ。(爆)
e0298562_22451441.jpg
おー、金網に見えてメタリックでクール!(爆)

いい感じに真空管機材っぽいですなぁ〜。
真空管と言ってもムギ球ですけど。(爆)

暖色系の灯とともにビンテージ感が溢れ出ています。(爆)




ちょっと使いまして、
放熱穴が足りないので脇にも追加しました。ハンドニブラです。
これで穴あけは完了。
e0298562_22480521.jpg

はー時間が掛かったけど出来た。

いやー面白い。
音も。
















以上です。
真似しちゃ駄目よ。


[PR]
by ca3080 | 2017-10-22 23:11 | オーディオ&電子工作
<< DEPP-HPA⑧小変更と完成... ひら茸の肉炒め >>