メンマ風

オヤジの酒の友です。
エ◯サイトブログの旧管理画面が完全撤廃されちゃってギクシャクしております。
新規の投稿も慣れねぇんで御座んすよ。





正月に筍の土佐煮などを作りましたが、一つ未開封のまま余ってしまいました。
それを利用してメンマ風のツマミを作ってみました。シナチク風味。
酒のツマミ用ですな。
ラーメンには向かないと思います。








【切る】
筍の水煮を一つ。
安価な中国産でも問題は無いと思います。
e0298562_07430586.jpg
パッケージから取り出しました。
洗うと味が薄くなるので洗いません。
e0298562_07450457.jpg
中身は無菌状態で、加熱調理済ですから気にする必要はありません。

これを分割しました。
穂先の部分と節の部分を分けます。
e0298562_07563420.jpg
白いモロモロはアミノ酸のチロシンが濃すぎるために結晶化したものです。
チロシンはサプリメントとして売られていますな。
神経伝達物質になるらしいです。つまり脳に効いて頭の回転が速くなるかも!
もったいないから洗わないで食べます。

さらにカットしました。
繊維方向に縦に切ると食感が良い感じ。
e0298562_07593788.jpg





【煮る】
カットした筍を小鍋もしくはフライパンに入れます。
e0298562_08064302.jpg
これに出汁の素(カツオ)を小さじ中盛り〜大盛り1杯。
まだ火に掛けません。
e0298562_08074224.jpg
胡椒を適量。
けっこう入ってますな。
e0298562_08085826.jpg
そして酢ですな。
酢大さじ半分〜1杯。
マイルドが好みなら半分。パンチが欲しいなら1杯。
e0298562_08094437.jpg
更に、濃口醤油を大さじ3杯。
e0298562_08102406.jpg
ごま油を大さじ1杯ですな。
e0298562_08111068.jpg
ここで火に掛けます。
中火ですな。







【煮る】
中火に掛けて、ゆっくり混ぜ続けます。
e0298562_08124480.jpg
だいたい2分くらい煮ました。
2分が良い感じ。3分以上は駄目ですな。
e0298562_08132218.jpg
筍の水煮は無菌パックされている状態ですでに火が通っていますから。
余計に煮る必要はありません。
煮すぎると風味が飛んでボヤけた味になっちゃいます。
短時間で済ますのが良いんですな。

さて、
コンロから鍋を下ろして、タッパーに入れます。
常温に冷めるまで放置します。
e0298562_08163750.jpg
この冷めるプロセスでじっくり味が染みてくる様です。
だから作りたてを食べるよりも、半日くらい置いたほうが旨いと思います。
冷めたらフタorラップをして冷蔵庫に入れます。
これで完成ですな。
食べたい時に冷蔵庫から出して盛り付けるだけです。










【当方の癒しの時間】
酒の友にぴったりです。
お通しみたいな物ですな。
e0298562_08205251.jpg
しまった!色むらがあった!
すごく簡単だからって、もうちょっと丁寧に混ぜるべきでした。(爆)

味はメンマ風ですが、
フニャフニャのメンマとは違って歯ごたえが良いです。
凛としています。(爆)
胡椒と胡麻油も効いておりまして香りも中々です。

酒の肴として程よい濃さの味ですなぁ〜。
タケノコの旨味も活きている感じがあります。
上品さも感じられます。
旨し。

日本酒にもビールにも合うでしょう。

ん〜
こりゃ脇役じゃなくて主役だよ。
お金が取れる味かも?(爆)
つまり、
お店で出しても勝てる味。

いつも自己満足ですみません。(爆)








自己責任にてお願いします。
以上です。













エ◯サイトブログの新しい管理画面を使った投稿でしたが…
ちょっと慣れねーですよ。
設定とかの見落としがあるかも知れません。042.gif







[PR]
by ca3080 | 2017-01-08 08:49 | 節約レシピ | Comments(0)
<< ヘッドシェルの水平角度合わせ 謹賀新年 >>