乾式レコードクリーナー

ちょっとしたホコリを払う目的のクリーナーです。




【クリーナーについて】
ところで世の中には、こういった定番のクリーナーがありますな。
愛用されている方も多いでしょう。
これは半乾式です。専用液を使うので少し湿式。
e0298562_7433720.jpg

拭き取り面はこんな感じです。
e0298562_7471742.jpg

これを押し付けて拭いても大まかなホコリは取れるでしょう。
しかし、なんかね、
ホコリを音溝にぐい〜っと押し込んでいる気がするんですよ。(爆)
だから当方は使わなくなりました。

その代わりに、
*ひどい汚れは水洗い。→番外編・レコードクリーニング
*ふだん使っている時の軽いホコリについては、
 ・写真機用のブロワーで吹き飛ばすとか。
 ・あるいはマイクロファイバークロスで、箒の様に使って払うとか。
 の手段があります。
 だけど、ほんとうに軽〜いホコリしか払えません。

そしてカメラ用ブロワーは、ゴムの所が劣化して数年で駄目になっちゃいます。
ゴムのカスが出てくる様になります。そうなる前に捨てないといけません。
ゴムの粉が手に付く様になるので判断可能とは思いますが。

今回の投稿は、そういった欠点を何とかする、
レコード専用の乾式クリーナーを考えました。











【掃除機とノズル】
掃除なら掃除機に決まってるんべ?
んまーそういやそうだいね。

この掃除機を利用しようと思います。
e0298562_8104542.jpg

レコード用として、吸引力が強すぎず、弱すぎない丁度良い具合!

そして専用ホースも手に入れました。→ハンディ掃除機の延長ホース
e0298562_8124948.jpg


しかし問題はノズルです。
どのノズルも固くてレコード盤に傷がついてしまいます。
レコード盤を傷付けない対処の方法は少々難しいですな。
*ノズルの先端をビニールテープで保護すればレコードは傷つかない様ですが、
 掃除するときにノズルが滑りません。作業性が悪いです。
 摩擦が強くて、キュッキュッとした手応えがあり引っ掛かります。
*保護布を付けたらコリャまた吸い付いちゃって摩擦が強いです。
 布が弱すぎて、ノズルの先端が布を突き破る可能性があります。

そんな中、
市販品のこれが使えそうだという事が判りました。→棚ブラシ A-37552
e0298562_817793.jpg

e0298562_8184558.jpg

当方が手に入れた品物は大丈夫でしたが、
レコード盤に傷がつく様なマイナーバージョンアップがされても感知致しません。
ブラシ毛の材質変更などが無い事をお祈り申し上げます。(爆)

ん〜、
ピッタリンチョ。(爆)
e0298562_81954.jpg

スーパーハイブリッド合体!(爆)









【ノズルの問題点】
新しく入手したノズルですが、少々問題点もあります。
まずは毛先がトゲトゲしいのもナニなので、研ぎました。
ヤスリ状の金属などを擦ってブラシ毛の先端を少しでも丸くしてみました。
e0298562_828134.jpg

コンクリで擦ってもいけるかも知れませんが粉がつきますよ。
いずれにしても事後は要水洗い。

次はスキマが多いので吸引パワーが弱まっています。
e0298562_8285178.jpg


とりあえず先行実験という事で、
下図の様にテープで塞いでみました。
e0298562_8293739.jpg


整形しまして、これで試してみました。
レベルゼロ号機です。原理試作ですな。(爆)
e0298562_8305262.jpg


さて、ホコリが付いたレコードを取り出してきまして、
いざ吸引!
e0298562_8322591.jpg

おっ?
ちょっと良さげですよ。

そして注意点も判明しました。
下図の様に吹き出し口の向きです。
e0298562_8332411.jpg

この風で部屋のホコリが舞い上がったら駄目ですな。
掃除機を机上の端のところに置いて使えば問題ないでしょう。

こんな原理で使える事が判りました。










【実用的な改造】
スキマを埋めて、ブラシの柔軟性も保てる手段が必要です。
まあここはセメダインのスーパーXですな。
とりあえずは隙間を埋めるだけ、ブラシの半分くらいまで塗りました。
e0298562_8384766.jpg

レベル1号機でプリプロ試作ですな。(爆)

ボンドが固まりまして、こんな感じに柔軟性もあります。
e0298562_84411100.jpg


吸い込み力は、
あともう一歩か?
ギリギリまでボンドスーパーXを塗ってみました。
ギリギリと言っても、2mm〜3mmくらいは余裕を残さないと、
「ブラシ」じゃなくて固まりになっちゃいます。その点は注意です。(爆)
そしてボンドはブラシ毛の外側が固まるのみで、内側の毛はサラサラ状態です。

e0298562_845860.jpg

ん〜、 OK。
レベル2で最終モデル決定。

効きますよ旦那!
e0298562_8454239.jpg

ただし、
いくらなんでも押し付けて使うのはNG!
盤を強くこすると傷が付くと思いますので、
音溝に沿って、優しくなでる様にブラシを滑らせます。

ブラシの部分はたまーに洗剤で洗った方がいいですな。








これで旧クリーナーはさようなら。
e0298562_8463041.jpg


本体はオサラバだけど皿が使えるか?(爆)
e0298562_8522679.jpg



今回はこんな感じで御座居ます。
e0298562_8531213.jpg

最大の欠点はうるさい事。(爆)






自己責任にてお願いします。
以上です。






















もしかして、
浮くかな?









キュイ〜ン(吸引)
e0298562_8542186.jpg

なつかしい盤ですな。

すきよ♪ すきよ♪ キャプ♪ テン♪




テニス♪ 焼けの♪ えが♪ お♪

松岡修造?(爆)









そうだ!
もっと頑張って!

本気になって集中するんだ!

諦めちゃだめだ!
君ならきっと出来るから!




ちゅ〜〜〜っ吸引!
e0298562_8544934.jpg

浮いた〜浮ーいたぁとぉ〜♪


はーまちょ〜お〜が〜ぁ〜し〜にぃ〜♪
浮かれぇ〜〜柳ぃ〜の〜♪
は〜ず〜か〜し〜ぃやーテテンテン♪



浮いたまま暴走してオチ無い?
どうも吸いません。(爆)
[PR]
by ca3080 | 2016-12-25 09:13 | オーディオ&電子工作 | Comments(0)
<< 謹賀新年 あん肝 >>