高音質アッテネータ③簡易型CdS電子VRを作る

意外に作成は簡単でした。ギャングエラーも1dB以内に追い込めましたよ。
CdSの選別さえ出来てしまえば再現性も高いですな。



既製品フォトカプラMI0202CLを使用して簡易型の方を作りました。

【簡易型の回路図】
図は音への悪影響が少ない配置、配線の回路図になってます。
(今回の作成は実験という目的なのでR9だけがメイン基板に配置されます。)
クリックで拡大です。
e0298562_19234078.png

*電源はヘッドフォンアンプと同じ8.9Vからもらいました。
 PC2とPC3のGNDは、電子VR基板上のGNDに接続させないで下さい。
*VR1は当初Aカーブでしたが、ヘッドフォンアンプでは使いづらい。
 Aカーブだと、ほとんどマックスあたりで使う事になります。
 かと言ってBカーブでも何だか不満なので、R4を追加しました。
 Bカーブなら回転角中央で-6dBですが、R4によって-10dBくらいになりました。
*PC1、PC2、PC3はMI0202CLですが、LED側の最大定格は40mAです。
 LEDは徐々に劣化しますから、半分の20mA程度に抑えます。R7で設定です。
*C8を追加して積分回路とします。まあDCサーボと考えて下さい。
 C7は発振防止と高周波流入防止ですな。


【ギャングエラーの調整】
MI0202CLは選別して94.64%のマッチングペアを使いましたが、
実際に作ってみたら1dBくらいのギャングエラーが生じました。
まあ1dBなら調整も不要でしょうが、実験として調整可能かやってみます。

調整するには、低い抵抗値の側にD2とVR2を追加します。回路図参照。
LED追加ですがホビー用なら無問題。LEDの特性を考えたうまい手段です。
内部LEDに対しD2で補正するので、VF-IDカーブが合致していれば効果的ですな。
実際にはVR2がトリマーじゃなくて880Ω(1.2kと3.3kのパラ)を使ってます。
改善の具合は下記グラフとなりました。
e0298562_1924437.png



【組み立て例】
という訳で、こんな感じに組みました。裏側は半分も使っていません。
MI0202CLの「212」の脇にギャングエラー調整用のLEDが見えます。
見えていない部品はすべて面実装品です。0.1uFとかも安物のセラチップ。
e0298562_19242462.jpg

電子VRに配線する電源のワイアと可変抵抗のワイアはビニル線です。
電子VRの制御側は音質に影響ありません。
e0298562_19271149.jpg

それで音質はどうなったのさ?
まあR9が超高音質抵抗として、CdSを使った音は...
デールのCW-2Bを使ったATTと同等レベルの高音質に仕上がりましたよ!


【その他】
*基準電圧を5Vにしたので、可変抵抗の代わりに電圧制御式でも使えます。
 つまりマイコンのポートをD/A変換した出力(直流)で制御可能です。
 となると液晶表示とリモコンも可能ですな。
*ATTをパッシブプリアンプとして使おうと考えてる方へ。
 下図に示しますが、RCAケーブルの駆動能力が問題になりやすいです。
 RCAケーブルはけっこう寄生容量が大きいですよ。鈍った音になりがちです。
 (ソースセレクタのスイッチも微少信号切り替え用を使って下さい。)
e0298562_19245949.png

駄目だと思ったならバッファなどでインピーダンスを下げる事を推奨致します。
この辺は初めからバッファを使わないで、音を聞いて決めたらいかがでしょう?
モアモアでも音が好みであれば良いんじゃないですか?


*次回は標準型のCdS電子VRですが、フォトカプラも自作で挑戦します。
減衰量が取れるので使い勝手は良いです。音質も気になりますな。
その辺も確認してみます。


【注意事項】
上記は当方のオリジナル回路と検討結果なので勝手に真似しないで下さい。
記事を鵜呑みにせずご自身で実験評価して下さい。当方は一切サポート致しません。
以上です。














モアモアでも音が好み?
これの事ですかね? (爆)
e0298562_12582479.jpg

モアモア!  2016.04.24画像入替。

エッヘヘ 結構好きです。









[PR]
by ca3080 | 2013-06-07 20:11 | オーディオ&電子工作 | Comments(5)
Commented by 吉本 at 2017-05-26 22:32 x
はじめまして。
この度こちらのLED光量制御を参考に、CDSにてトランスインピーダンスアンプのI/V抵抗を可変させるゲイン調整回路を組みました。
当初は単純に可変定電流回路で調整させようと考えていましたが、こちらのオペアンプで基準抵抗に対する比率により制御する回路を見て目から鱗が落ちた思いです。
一連の製作記事として記録がてらブログに書き連ねており、その一篇として公開してもよろしいでしょうか(平均来訪者数0.5人/1日程度の過疎ですがw)。それ以外にもいろいろ参考にさせていただき、パーツについては実行した部分もありますが、回路自体の引用ですので承諾が必要かとご連絡いたしました。
定数は暫定でアンプ部についてはゲイン調整と無関係な部分で現状と異なる部分もありますが、参考回路図をアップしてありますので、もしよろしければURLをご確認ください。
よろしくお願いいたします。
Commented by ca3080 at 2017-05-27 06:37
吉本さんへの回答。
当記事と同じ目的のアッテネータ回路を作成するのではない事が判りました。
制御部分の引用にしても丸パクリという事では無く応用という事で、少し変更の手を加えてあるという意図を把握させていただきました。

引用元を明記すれば公開しても問題ありません。



んーだけど、吉本さんは仁義を切るべきでしたね。
おひけえなすって!手前生国と発します所は〜〜〜  (爆)

つまり画像だけじゃ駄目なんですよ。引用した回路を公開するご自身のブログのメインURLを明記しなきゃ。
そして最終目的が不明です。実験して作ってブログに公開して、やっぱり引用元の回路に戻した方が良いとこっそり判断したりして、その後は販売しますとかいう人が出るんですよ。

怪しさが拭い切れないのでFC2とsavanosukeで検索しまして吉本さんのブログを見つけましたよ。そして記事の傾向などをチェックさせていただきました。(爆)
その結果を判断してのOKなのでご留意ください。
Commented by 吉本 at 2017-05-27 17:13 x
ご承諾いただきありがとうございます。
URLの件、お手数おかけいたしましてすみませんでした。

記事をアップしましたので、よろしければご確認ください。もし問題がありましたら取り下げますので、その際はお手数ですが記事のコメントにてご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
Commented by nightwish_daisuki at 2017-06-15 09:27 x
こんにちは。楽しく読ませて頂いております。

あれは2015年の12月頃だったでしょうか。
「金が欲しい。通電してみんべさんのI/V回路を基板化して売りたいから許可をくれ」という不敬な申し出に「却下!!」したコメント。久しぶりに見たくなったのですが見つけられない。一部コメントを削除したとの書き込みがありましたが、それだったのでしょうか?
Commented by ca3080 at 2017-06-16 06:22
どうも、nightwish_daisuki さんに回答致します。
類は友を呼ぶと申しましょうか、何かアヤシイモノタチを引き寄せる感覚がありますのでお祓い致しました。エキサイトブログの仕様によりコメント跡も残らずに消えちゃう様です。お探しのお手数をお掛け致しまして申し訳ございません。

<< 梅酒を仕込む 2013年版 高音質アッテネータ②光学式AT... >>